仕事

CentOS 6.6 にowncloud 8 をインストールしたときのメモ

投稿日:2015年4月17日 更新日:


備忘録(絶賛修正中!)

前提条件

仮想環境上に、CentOS 6.6 minimalでインストール

まずは準備!

リポジトリ追加

更新

不要サービス停止(※物理サーバーの場合は考えたほうがいい)

IPv6無効

ファイアーウォール設定

MySQLを設定する

-仕事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

[C#] SQL Serverで作成したレポートを出力する

SQL Server2008のReporting Serviceを使って固定帳票を出してる訳なんだけど、自動で帳票を作成して欲しいんだよね。まぁ、サブスクリプションでも簡単にはできるんだけど、だいたい …

完全にエージェントレスでWindowsサーバーを監視してみるテスト

zabbixのエージェント入れればいいやん! と言う結論が出そうなアレではあるけれども、Windowsサーバーを弄れない場合があるかもしれないし、ないかもしれない。 と言うことで、試してた。 zabb …

インストールしたはずのデバイスドライバーが削除できない件

削除しようにも、「プログラムと機能」にもないし、デバイスマネージャーにもない。ひょっとして、インストールしたつもりが、してなかったとか言うオチ?いや、だってPCの挙動がおかしいんだもの…o …

CentOSにZabbixをインストールしたときのメモ

CentOS 6.5をnetinstallでMinimal構成でインストールしてみたんだけど

6.6かよw 初めにいつもの [cray …

System XのIMMにアクセスするとき、忘れちゃうんだよね…

(´Д⊂ モウダメポすぐ忘れちゃうw IMMにログインするときの初期ユーザーIDとパスワード!