仕事

CentOS 6.6 にowncloud 8 をインストールしたときのメモ

投稿日:2015年4月17日 更新日:


備忘録(絶賛修正中!)

前提条件

仮想環境上に、CentOS 6.6 minimalでインストール

まずは準備!

リポジトリ追加

更新

不要サービス停止(※物理サーバーの場合は考えたほうがいい)

IPv6無効

ファイアーウォール設定

MySQLを設定する

-仕事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

tomcat7にSSL証明書を…

apache + tomcatなら、apacheに設定しておけばいけるんだよね.

[C#] SQL Serverで作成したレポートを出力する

SQL Server2008のReporting Serviceを使って固定帳票を出してる訳なんだけど、自動で帳票を作成して欲しいんだよね。まぁ、サブスクリプションでも簡単にはできるんだけど、だいたい …

[c#] POP over SSLで「検証プロシージャによると、リモート証明書は無効です。」って…

テスト用のPOP3クライアントを作成したんだが、POP over SSLに対応しないとダメな事が微妙に判明。なんだ、SslStream使えばいいのかと、鼻息荒く作ってみたら 「検証プロシージャによると …

[c#] データベースのデータをCSVエクスポートする

まぁ、ネットにソースはいっぱい転がってるよね…データ移行なんかで単純にエクスポートしたいわけで。

CentOS 6.5 に owncloud をインストールしたときのメモ

備忘録として… 1.CentOS 6.5 をminimalでインストールする。 2.以下、とりあえずrootで作業。 EPELリポジトリの追加 [crayon-5d610140a6b499 …