仕事

CentOSにZabbixをインストールしたときのメモ

投稿日:2014年12月25日 更新日:


CentOS 6.5をnetinstallでMinimal構成でインストールしてみたんだけど

6.6かよw

初めにいつもの

最新にして、EPELリポジトリを追加。

MySQL

rootのパスワードを設定して、それ以外はYで。

zabbixというDBつくって、zabbixというユーザを作成し、パスワードもzabbixにするw
(適宜、変えればいい。ぅん)

Apache

普通にインストールして、Firewallを開ければいい。

PHP

普通にインストールして、タイムゾーンを変更すればいい。

Zabbix

リポジトリを追加して、普通にインストールすればいい。

DBを初期化する。この時点では2.4.3だった。

DBのパスワードを設定する。
(ユーザー名やDB名も変更してるなら、それぞれ変えればいい)

SELinux

もう、面倒だから、無効にして再起動すればいい!

あとはブラウザから設定すればいい!

ブラウザからの設定

SnapCrab_Installation - Google Chrome_2014-12-24_15-21-37_No-00

http://サーバーのURI/zabbix/ にブラウザからアクセスする。
[Next]をクリックすればいい。

SnapCrab_Installation - Google Chrome_2014-12-24_15-21-58_No-00

ここまでの設定がうまくいってるかを確認する。
OK と表示されていれば [Next]をクリックすればいい。

SnapCrab_Installation - Google Chrome_2014-12-24_15-22-25_No-00

データベースの設定。データベース名、データベースユーザ名、そしてパスワードを入れて、[Test Connection]をクリックすればいい。

SnapCrab_Installation - Google Chrome_2014-12-24_15-22-35_No-00

OK と表示されていれば [Next]をクリックすればいい。

SnapCrab_Installation - Google Chrome_2014-12-24_15-23-26_No-00

もはやここは、[Next]をクリックすればいい。

SnapCrab_Installation - Google Chrome_2014-12-24_15-23-39_No-00

設定情報が表示されるが、[Next]をクリックすればいい。

SnapCrab_Installation - Google Chrome_2014-12-24_15-23-55_No-00

OK と表示されていれば [Finish]をクリックすればいい。

SnapCrab_Zabbix - Google Chrome_2014-12-24_15-26-17_No-00

Username: admin
Password: zabbix

で、[Sign in]してみればいい。

-仕事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

CentOS 6.6 にowncloud 8 をインストールしたときのメモ

備忘録(絶賛修正中!) 前提条件 仮想環境上に、CentOS 6.6 minimalでインストール まずは準備! リポジトリ追加

更新 …

[C#] SQL Serverで作成したレポートを出力する

SQL Server2008のReporting Serviceを使って固定帳票を出してる訳なんだけど、自動で帳票を作成して欲しいんだよね。まぁ、サブスクリプションでも簡単にはできるんだけど、だいたい …

SQL Server 2008のReporting Service用に作成したレポートをExportする

結局、SQL Server自身のDBに保存されてるが、ある意味レポート定義のxml的なファイルである。

Exchange Server 2003 で 複数アドレスに転送する

いろいろ調べた結果、複数の転送先を指定することは仕様上できないことがわかった。

角丸とか縁取りとか

iOS向けアプリのリファクタリングをしてるわけだが、画像の角丸が凸凹だったり縁の太さがマチマチだったり いっそのこと、iOS側で処理した方がきれいジャマイカ! ということで、以下のコードを追加してみた …