仕事

備忘録:SugarCRMでADアカウント情報でログインする手順

投稿日:


管理者でログインする

SnapCrab_SugarCRM - Google Chrome_2014-10-1_10-38-32_No-00

管理メニューを選択する

SnapCrab_SugarCRM - Google Chrome_2014-10-1_10-38-45_No-00

パスワード管理を選択する

SnapCrab_SugarCRM - Google Chrome_2014-10-1_10-39-16_No-00

LDAPサポートを有効にする

SnapCrab_SugarCRM - Google Chrome_2014-10-1_10-39-50_No-00

LDAP認証を利用する → チェックする
ホスト名 → ActiveDirectoryサーバーの名前かIPアドレスを入力
ポート番号 → 389を入力
ユーザDN → ドメインユーザの情報を入力

 コマンドプロンプトから、
 dsquery user -name ユーザ名
 とかすれば表示されるから
 ドメイン名が hoge.co.jp とかだったら
 DC=hoge,DC=co,DC=jp
 とかになる

ユーザフィルタ → 空白(フィルタかけるなら、条件入れる)
バインド属性 → userPrincipalName を入力
ログイン属性 → sAMAccountName を入力
グループ指定 → チェックしない(指定するんだったらチェック)
認証バインド → チェックする
ユーザー名 → ADアカウントのユーザ

 例えば
 Administrator@hoge.co.jp
 みたいに
 ユーザ名@ドメイン
 とするか
 hoge\\Administrator
 みたいにする。\は1つでいいけど2つ入れないとあれ。

パスワード → 上記アカウントのパスワード(AD認証上のね)
ユーザ自動作成 → ユーザアカウントがなければ、自動的に追加するかどうかなので好きにする。
暗号化キー → 空白

設定保存

SnapCrab_SugarCRM - Google Chrome_2014-10-1_10-50-45_No-00

ま、SSOじゃないけどねw

-仕事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

CentOS 6.5 に intra-mart をインストールしたときのメモ(その後)

外部アクセスに関する設定など思い出したら書く。 ストレージをWindowsからアクセスする設定 Sambaのインストール

アクセス用L …

CentOS 6.5 に owncloud をインストールしたときのメモ

備忘録として… 1.CentOS 6.5 をminimalでインストールする。 2.以下、とりあえずrootで作業。 EPELリポジトリの追加 [crayon-5b55208bf2ff82 …

Exchange Server 2003 で 複数アドレスに転送する

いろいろ調べた結果、複数の転送先を指定することは仕様上できないことがわかった。

見積ってさ、KKDと鉛筆舐めなめして..

みたいな感じでいいよね?というか、今は逆に見積もらう立場が多いんだけど、 上司「ベンダーからの見積が妥当かどうか見てくれ」 っていうか、どうやって? 何となくでいい?

角丸とか縁取りとか

iOS向けアプリのリファクタリングをしてるわけだが、画像の角丸が凸凹だったり縁の太さがマチマチだったり いっそのこと、iOS側で処理した方がきれいジャマイカ! ということで、以下のコードを追加してみた …