仕事

CentOS 6.5 に owncloud をインストールしたときのメモ

投稿日:


備忘録として…

1.CentOS 6.5 をminimalでインストールする。

2.以下、とりあえずrootで作業。

EPELリポジトリの追加

更新しとく

wgetをインストール

owncloudのパッケージをインストールするためにリポジトリ追加

owncloudをインストール

REMIリポジトリの追加

REMIからMySQLのパッケージをインストール

MySQLを起動

MySQLの初期設定
 初期rootパスワードは空
 root設定する
 全てY

MySQLサービスの確認

MySQLの自動起動設定

MySQLサービスの確認

MySQLにowncloud用のDBとユーザーを作る
 ユーザー owncloud
 パスワード owncloud
 ※適宜変更

httpサービスの確認

httpの自動起動設定

httpサービスの確認

ファイアウォールの設定

iptablesの再起動

後はブラウザアクセスすればいい
http://(ホスト名かIPアドレス)/owncloud/

-仕事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

完全にエージェントレスでWindowsサーバーを監視してみるテスト

zabbixのエージェント入れればいいやん! と言う結論が出そうなアレではあるけれども、Windowsサーバーを弄れない場合があるかもしれないし、ないかもしれない。 と言うことで、試してた。 zabb …

Windows 2008 Server でタスクスケジューラでバッチを動かすときの注意

作業ディレクトリを設定しないと動かない。

[c#] データベースのデータをCSVエクスポートする

まぁ、ネットにソースはいっぱい転がってるよね…データ移行なんかで単純にエクスポートしたいわけで。

Windows版apache2.2+mod_sslにSSL証明書を…

あれ?再起動してもサービス上がってこないんですけど… そっと、logをみる…

Σ(゚д゚lll)ガーン

CentOSにZabbixをインストールしたときのメモ

CentOS 6.5をnetinstallでMinimal構成でインストールしてみたんだけど

6.6かよw 初めにいつもの [cray …