仕事

CentOS 6.5 に owncloud をインストールしたときのメモ

投稿日:


備忘録として…

1.CentOS 6.5 をminimalでインストールする。

2.以下、とりあえずrootで作業。

EPELリポジトリの追加

更新しとく

wgetをインストール

owncloudのパッケージをインストールするためにリポジトリ追加

owncloudをインストール

REMIリポジトリの追加

REMIからMySQLのパッケージをインストール

MySQLを起動

MySQLの初期設定
 初期rootパスワードは空
 root設定する
 全てY

MySQLサービスの確認

MySQLの自動起動設定

MySQLサービスの確認

MySQLにowncloud用のDBとユーザーを作る
 ユーザー owncloud
 パスワード owncloud
 ※適宜変更

httpサービスの確認

httpの自動起動設定

httpサービスの確認

ファイアウォールの設定

iptablesの再起動

後はブラウザアクセスすればいい
http://(ホスト名かIPアドレス)/owncloud/

-仕事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

SNMPでAS/400のディスク使用率を取得する

zabbixでグラフ書けるかもしれない…試してないw

System XのIMMにアクセスするとき、忘れちゃうんだよね…

(´Д⊂ モウダメポすぐ忘れちゃうw IMMにログインするときの初期ユーザーIDとパスワード!

完全にエージェントレスでWindowsサーバーを監視してみるテスト

zabbixのエージェント入れればいいやん! と言う結論が出そうなアレではあるけれども、Windowsサーバーを弄れない場合があるかもしれないし、ないかもしれない。 と言うことで、試してた。 zabb …

SQL Server 2008のReporting Service用に作成したレポートをExportする

結局、SQL Server自身のDBに保存されてるが、ある意味レポート定義のxml的なファイルである。

リアルタイムデータベース Firebase を使ってみよう

社内でハンズオン勉強会やったので、その時のあれ はじめに 社内プロジェクトで端末間のデータ同期が課題になっていたところ、FirebaseというGoogleのMBaasを知ったので、どんな感じに使えるの …